猫を飼う費用はどれくらい?結構高い?安い?

昔は、ダントツで犬が一番でしたが、最近は猫をペットにする方が多くなりましたよね。

今では、犬とほぼ同じくらい飼われているそうです。

そこで、猫を飼ってみたいけど色々な、心配事ってありますよね?

心配事の中でも、結構気になるのがお金のことだと思います。

なので、今回は猫を飼うのにかかる、費用について調べてみました。

スポンサーリンク

猫のお値段

はい、いきなりですが、猫ちゃん自身のお値段についてですね。

猫の種類や血統によって様々ですが、人気の種類のおおよその金額をいくつか紹介します。

・スコティッシュフォールド  10~20万

・アメリカンショートヘア   10~15万

・ラ グ ド ー ル     15~20万

・ブリティッシュショートヘア 10~15万

・マ ン チ カ ン     10~20万

といった感じです。

大体10万~20万円ほどで購入できますね。

結構なお値段しますね(笑

購入する以外にも、知人からもらったり里親募集などを利用するものありかもしれません。

あなたの価値観や、状況に合わせて考えてみてください。

最初に必要になる費用

・健康診断      5000円

・混合ワクチン接種  6000円

・食器代       1000円

・トイレ       3000円

・キャリーケース   4000円

・ブラシ       1000円

計     20000円

その他

・去勢・避妊手術  15000~30000円

・ノミや寄生虫駆除 2000円

去勢や避妊手術について

メリット

・発情期の問題行動を抑えることができる

オス猫の夜鳴き・おしっこの臭いがきつくなる等

・生殖器を取り除くので、生殖器の病気のリスクを軽減できる

・予期せぬ出産を防げる

外に出る猫は、外でパートナーを見つけることも多いです。

メス猫の場合は、気づかないうちに妊娠していたという可能性もあるので、そういった問題を回避できます。

デメリット

・子供を産むことができなくなる

最初は、いいかなと思っていても後から、産ませたいと思っても無理です。

・体重が増えやすい

理由は、はっきりしていませんが、去勢や避妊をした猫は太りやすいみたいです。

去勢や避妊をする時期について

猫が初めての発情期を迎える前に、手術することが望ましいとされています。

・オス猫は、生後6~10ヶ月程度

・メス猫は、生後6~12ヶ月程度

が、一応の目安になっています。

生まれて半年程度の間に手術するかを決める必要があるので、去勢や避妊についてどうするか?考えてから猫を飼うようにしてください。

定期的にかかる年間費用

・エサ     3000×12 36000円

・トイレの砂  1000×12 12000円

・爪とぎ    2000× 1  2000円

・おもちゃ            3000円

・ワクチン接種 6000× 1  6000円

・病院代(積立)3000×12 36000円

計               95000円

年間にすると、これくらい毎年かかる計算になります。

猫の生涯でかかる費用は?

はい、あくまで試算ですが、一応参考までにどうぞ。

ねこの購入費用    15万円

初期費用        2万円

年間費用(15年) 145万円

計         162万円

最初にねこを飼ってから、15年生きるとしたときの試算です。

年間10万程かかり、月に9000円程かかる計算になります。

これ以外にも病気にかかった場合など、予定外の出費が出てくることもあります。

結構な出費になるので、猫を飼う前にしっかり考えましょう。

最後に

はい、猫を飼う費用どうだったでしょうか?

生涯費用を見ると160万!と私は驚いてしましました。

しかし、月単位で見ると9000円程になるみたいですね。

月9000円なら、なんとかいけるかも?と思う方もいると思います。

ただ、一度飼い始めたらしっかり最後まで面倒を見る必要があります。

しっかりと考えてから、猫などの動物は飼いましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする