犬の夏に注意する事⁉散歩時等の注意

今回は、夏の散歩で注意することついて説明します。

スポンサーリンク

夏の散歩で注意すること

犬は、基本的に散歩大好きですよね。

時々、散歩させようとしても意地でも動かない子がいますが(笑

暑いのが苦手でも散歩には行きたい、そんなワンちゃんの為に、散歩時の注意事項を書いていきます。

散歩の時間帯

・早朝か夜(日没後)

夏の強い陽射しが、ガンガン照ってる日中に散歩させるのは、人でもちょっとキツイですよね。

犬からすれば、もっと大変です。

そのため、夏でも涼しい時間帯に散歩に連れて行ってあげましょう。

夏になると5時くらいには、日が出てくると思います。

日が出てからは、どんどん暑くなっていきますので、できるだけ早い時間にしてあげましょう

5~6時位なら日が出てそんなに経っていないので、犬にとっても楽だと思います。

夜は、日が沈んでもまだまだ暑いですが、日中の陽射しがない分、犬にとって過ごしやすいです。

時間帯は、20時以降位でしょうか?

地域によって全然違うでしょうし、少し温度が落ちたと思った時間帯に散歩してください。

夜の散歩の時は、アスファルトのある場所での散歩は出来るだけやめてください。

アスファルトしかないなら、実際に触ってみて熱くなけれ問題ありません。

しかし日中、陽射しで熱されたアスファルトは、夜になっても中々冷めませんので、下手すると犬がやけどしてしまいます。

散歩コースについて

散歩のコースはいつも同じでしょうか?

夏のお散歩コースは、出来るだけ涼しいところを散歩させてあげてください。

散歩の時間帯のところでも書きましたが、夏のアスファルトは危険です。

出来るだけ土の上を散歩させてあげましょう。

近くに川などが流れていたり、日陰が多いコースがオススメです。

夏の散歩にもっていくもの

夏は暑いので、水分補給は必須です。

お散歩の途中で適度にあげてください。

しっかり十分な量の、飲み水を持っていきましょう。

後は、夏用の便利グッズなどを使ってあげるといいでしょう

・クールウェア(体を冷やしてくれる服)

・犬用の靴

・スプレー

・保冷剤(直接ではなくタオルなどで包んで使いましょう)

夏のお散歩は、少し気を付けましょう。

簡単にまとめると・・・

・早朝・夜の涼しい時間帯

・アスファルトを避けて、川や日陰の多い涼しいコースにする

・水分補給は大切、飲み水を忘れずに

・便利グッズなどで、快適にする

という感じです。

是非、愛犬が夏を快適に過ごすための参考にしてください。

夏に注意すること関連記事

犬の夏に注意する事⁉熱中症予防について

犬の夏に注意する事⁉熱中症にかかったら?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする