犬がとうもろこしを食べて大丈夫?アレルギーや毒は?その対策は?

夏祭りなんかで、屋台を見てると醤油の香ばしい良い香りがしますよね。

そう、焼きとうもろこしです。

個人的には、ちょっと食べるのが面倒くさいです。

まあ、そんなとうもろこし!甘くておいしいですよね。

甘くておいしいものは、大抵のワンちゃんも大好きですよね。

よし、好きならあげちゃおうと、なりがちですがちょっと待ってください!

人が食べれてもワンちゃんには、食べられなものってあるんです。

ということで今回は、「犬がとうもろこしを食べて大丈夫?」について説明します。

スポンサーリンク

犬がとうもろこしを食べて大丈夫?

答え:食べても大丈夫です。

犬がとうもろこしを食べても問題ありません。

続いては、とうもろこしの栄養や、与える際の注意点を見ていきましょう。

とうもろこしの栄養

とうもろこしには、ビタミン類やカリウムなど健康に役立つ成分が含まれています。

ビタミンで健康に

とうもろこしには、葉酸というビタミンB群の成分が含まれています。

この葉酸には、細胞分裂を助ける働きがあります。

ですから、若い犬や妊娠している犬には、成長を促すために大切な栄養素ですね。

また、赤血球の生成を助ける効果もあるので、貧血予防にも効果的です。

この葉酸というのは、ビタミンCにより活性化します。

犬は、ビタミンCを体内で生成できるので、相性も良い栄養素ですね。

食物繊維で腸内のクリーニング

とうもろこしには、セルロースという食物繊維が含まれています。

セルロースには、善玉菌を増やす効果があります。

腸内の善玉菌が増えることによって、腸内環境がよくなり免疫力の向上や便通改善にも役立ちます。

与える際の注意点

犬は、とうもろこしの芯を消化することができません。

ですので、絶対に口にさせないようにしましょう。

絶対に丸ごと与えない

最初に書きましたが、とうもろこしの芯は犬が食べても消化できません。

丸ごと与えて喉に詰まったり、胃や腸内で詰まったりしたら大変です。

絶対に芯を取り除きましょう。

とうもろこしは、ちょっと消化しにくいので、ペースト状にして与えると消化しやすく、栄養を吸収する助けにもなります。

ペースト状にせず粒のまま与えたら、消化されずそのまま排便されるケースもあります。

必ず茹でて与える

とうもろこしは、生のままでは少し硬いですし、消化にも悪いので茹でて与えるようにしましょう。

茹でるときは、塩を入れないようにしましょう。

犬にとって塩分の過剰摂取は、体によくありません。

とうもろこしの缶詰などありますが、あれは人間用に味付けされていますので、犬には塩分や糖分の摂りすぎになりますので、与えないようにしましょう。

与えすぎない

とうもろこしは、消化しにくいので下痢などの原因になります。

また糖質も多いので、与えすぎると肥満の原因にもなります。

ですので、10~15gくらい与えるのがいいと思います。

食物アレルギーに注意する

犬にもアレルギーがあります。

ですので、初めて与える食べ物は、少量ずつ与えましょう。

愛犬に異常がなければ、量を増やしてみましょう。

・痒がる

・嘔吐

・下痢

・目が充血する

アレルギー症状が見られた場合は、すぐに与えるのをやめましょう。

症状がひどい場合は、獣医に診てもらいましょう。

アレルギーが心配な場合は、一度検査してもらうのも良いと思います。

最後に

とうもろこしは、積極的に犬に与える必要はありません。

必要な栄養素は、他の食材で補えます。

ですから、心配な場合は与えるのはやめておきましょう。

「家の愛犬は、好物だからあげたい」という方は、しっかりと注意点を守って与えるようにしてください。

アレルギーや芯の誤飲には、くれぐれも注意してください。

他の食べ物についての記事もあります

よろしければご覧ください

犬の食べ物

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする