犬が「レタス」を食べても大丈夫?アレルギーや毒は?その対策は?

シャキシャキとした、食感がおいしいレタス。

サラダには、大抵入っている定番ですよね。

そんなレタスを犬は食べられるの?と疑問を持つ方もいるでしょう。

ということで、「犬がレタスを食べてもいいのか」について説明していきます。

スポンサーリンク

犬が「レタス」を食べてもいいの?

答え:食べても大丈夫です

犬が中毒を起こすような成分は含まれていません。

生でも加熱どちらでも大丈夫です。

犬の健康に役立つ栄養もあり、水分も豊富なので水分補給にもなります。

ここからは、レタスの栄養と与える際の注意点をご覧ください。

「レタス」の栄養

レタスに含まれる主な栄養をご消化します。

ビタミンE

ビタミンEには、抗酸化作用があります。

抗酸化作用とは活性酸素の働きを抑制してくれます。

活性酸素も体に必要な物なんですが、必要以上に働きすぎて細胞を傷つけてしまいます。

細胞が傷つくということは、老化・ガンなどの原因になることもあります。

そこで、抗酸化作用のあるビタミンEなどを摂取することで、老化やガンの予防効果を期待できます。

カリウム

体から余分な塩分を排出してくれます。

塩分の多い食事の後や、高血圧の予防などに効果的です。

カルシウム

カルシウムは、骨や歯を作るのに必要な栄養です。

カルシウムを摂取することで、骨や歯を丈夫にしたり、骨粗しょう症予防になります。

犬に「レタス」を与える際の注意点

与えすぎに注意する

与えすぎると、レタスの食感・味に慣れてメインのドッグフードを食べなくなることもあります。

他にも、食物繊維が含まれていますので、摂取しすぎると下痢などの原因になります。

サニーレタスやリーフレタスは、普通のレタスよりも食物繊維が多いので、普通のレタスより量を少なくした方がいいと思います。

犬の種類やサイズにより色々ですが、与える量は1枚程度にしておきましょう。

普段の食事に混ぜたり、おやつ感覚で少し与えるくらいがいいですね。

便が緩くなったりしたら、量が多いので少なくするなど様子を見ながら与えてください。

食物アレルギーに注意する

犬にも個体それぞれのアレルギーがあります。

レタスでアレルギーが出ることは少ないですが、一応気を付けてください。

初めて与える食べ物は、必ず少量与えて異常がなければ少しずつ量を増やしていきましょう。

アレルギーの症状・・・

・痒がる

・嘔吐

・下痢

・目が充血する

などが見られたら、与えるのはやめましょう。

症状がひどい場合は、動物病院へ連れて行きましょう。

アレルギーが心配な場合は、一度検査してもらうのも良いと思います。

最後に

レタスは、犬が食べても大丈夫な野菜でしたね。

水分も豊富なので、水分補給も兼ねて夏のおやつなどには、いいかもしれません。

くれぐれも与えすぎには、注意してください。

他の食べ物についての記事もあります

よろしければご覧ください

犬の食べ物

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする