犬がきゅうりを食べても大丈夫?アレルギーや毒は?その対策は?

暑い夏に冷やしたきゅうりを、パリッと頂くとおいしいですよね。

サッパリとした味と豊富な水分で、ちょっと夏バテ気味って時でもおいしく食べれますね

そんなおいしいきゅうりを、愛犬にも食べさせてあげたい。

でも「犬ってきゅうりを食べてもいいの?」と疑問が浮かんだあなた!

その疑問、解決させていただきます。

スポンサーリンク

犬がきゅうりを食べても大丈夫?

答え:食べても大丈夫です。

犬でもきゅうりを食べられます。

生でも、加熱しても大丈夫ですし、皮も食べられますが、皮のトゲトゲは取ってあげましょう。

しかし、与える際には注意すべき点もあるので、きゅうりの栄養と共に見ていきましょう。

きゅうりの栄養

あなたは、知っていますか?

きゅうりは、野菜界で堂々の№1野菜なんです。

一体何が、№1だと思いますか?

答えは・・・野菜の中で一番栄養素が少ない野菜

ギネスブックにも認定されています。

きゅうりは、水分の割合が95%を超えています。

殆どが水分で、栄養が少ないんですね。

とはいえ、しっかりとメリットはございます。

夏の水分補給に最適

きゅうりは、水分が多いので水分補給に最適です。

また、体温を下げる効果もあります。

きゅうりには、カリウムが含まれており、カリウムには利尿作用があります。

尿を外に出すのと同時に、熱も放出されるので体温が下がります。

暑いのが苦手な犬には、嬉しい食べ物ですね。

犬が暑いのが苦手な理由はこちら→犬の夏に注意する事⁉熱中症予防について

ダイエットに最適

きゅうりは、100gでカロリーが14㎉なんです。

さらに、ホスホリパーゼという成分も含まれています。

ホスホリパーゼは、脂肪を分解する働きがあります。

なので、うちのワンちゃん最近ちょっと太り気味・・・

なんて時の、ダイエットの為に与えるのに最適ですね。

きゅうりを与える時の注意点

丸ごと与えない

しっかりとカットしてあげましょう。

大きな塊を飲み込んで喉に詰まらせると大変です。

量を与えすぎない

食べ過ぎて、下痢や嘔吐することもあるので、愛犬の大きさに合わせた量にしましょう。

小型犬なら3分の1程度、大型犬でも1本くらいにしておきましょう。

食物アレルギーに注意する

犬にもアレルギーがありますので、初めて食べる物は少しずつ与えるようにしましょう。

食べても問題なければ、少しずつ量を増やしていきましょう。

何らかの症状が出た場合は、与えるのはやめましょう。

・痒がる

・嘔吐

・下痢

・目が充血する

アレルギーが心配な場合は、一度検査してもらうのも良いと思います。

調味料はつけない

きゅうりは、そのままでもおいしいですけど、ドレッシングやマヨネーズ等つけるともっとおいしいですよね。

でも人間用の物は、犬に合わせて作られていないので、塩分や糖分の摂りすぎになってしまいます。

もちろん漬物なども与えないでください。

そのまま与えるようにしましょう。

最後に

きゅうりは、水分補給やダイエットに最適の食物でしたね。

しかし、与える際に注意点がありました。

・丸ごと与えない

・量を与えすぎない

・食物アレルギーに注意する

・調味料はつけない

以上のことに注意して、愛犬に与えましょう。

他の食べ物についての記事もあります

よろしければご覧ください

犬の食べ物

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする