愛犬の毛玉の処理は大丈夫?放置すれば皮膚トラブルの原因に‼

殆どの犬は、豊かな体毛に覆われています。

毛の量が多かったり、毛が抜けやすい犬種などは、毛玉もできやすくなってきます。

そんな毛玉を、気にせず放っておくと、毛玉が原因で犬自身や、飼い主にもデメリットになることがあります。

ということで今回は、「愛犬の毛玉」について、放置するとどんなデメリットがあるのか?

毛玉を作らない為のケア・毛玉ができてしまった時の対処法などについて説明していきます。

スポンサーリンク

愛犬の毛玉を放置するとどうなるの?

皮膚が引っ張られる

毛玉とは、毛が絡まりあってできるものですから、絡まるときに毛が引っ張られてしまいます。

皮膚が引っ張られることにより、歩きにくくなったり、痛みを感じたりします。

汚れが溜まりやすくなる

毛玉になった部分は、通気性も悪くなり蒸れやすくなります。

蒸れると菌なども増えやすい環境になります。

また、シャンプーする際に毛玉になった部分は、皮膚を隠してしまうので、汚れが取れない、すすぎ残しなどが多くなってしまいます。

菌や汚れ、すすぎ残しによって、炎症などの皮膚トラブルやが起きやすくなります。

ストレスが溜まる

説明したように毛玉には、歩きにくい、痛み、皮膚トラブルなどで、犬にストレスが溜まる可能性がいっぱいです。

ストレスを溜めすぎれば、犬の健康に害を及ぼす危険性も高まります。

毛玉は、放置しないようにしましょう。

愛犬の毛玉予防はどうするの?

そもそも毛玉ができる原因は?

毛玉ができる主な原因は・・・

1.普段のブラッシング不足

2.シャンプー後等、犬が濡れた時の乾かし不足

が、主な原因になります。

この二つの原因を考慮して、どのように毛玉を予防すればいいのか、見ていきましょう。

1.ブラッシングについて

ブラッシングは毎日行おう

「えっ、毎日ブラッシング!」と思う方もいると思います。

毎日するとなると、面倒くさいと感じちゃいますよね。

とはいえ、ブラッシングは犬の健康には大切なことです。

それに、ブラッシングは、毛玉予防の為だけに行うわけではありません。

犬の毛には、一見きれいに見えても、ごみやノミ・ダニが付着していることもあります。

これらを取り除く意味でもブラッシングは大切です。

また、飼い主とのコミュニケーションになり、愛犬との絆をより一層深めることにもつながります。

ブラッシングを行うことは、メリットが多いので是非、毎日してあげてください。

ブラッシングを行うタイミングとしては、散歩が終わった後ですね。

散歩中は、ごみやノミ・ダニ等に触れやすくなるので、散歩後にきれいにしてあげるといいと思います。

もちろん、散歩に連れて行かない日でもブラッシングはしてあげてください。

毛がこすれやすい場所に注意する

毛がこすれやすい場所は、毛玉ができやすくなります。

洋服や、首輪、ハーネスなどを付けている場合は、よりこすれやすくなるので、丁寧にブラッシングをしてください。

こすれやすい部分としては・・・

・耳のうしろ

・首回り

・胸の下あたり

・脇の下

・内股

・しっぽ

こういった部分は、より注意してブラッシングしてあげてください。

2.濡れた後ついて

自然乾燥は危険!

毛が濡れると、毛同士がくっつきやすくなってますよね。

その状態で自然乾燥させると、毛同士が絡まりやすくなり、毛玉ができる可能性が高まります。

さらに、自然乾燥にはそれだけでなく、他にも危険があります。

生乾きによる、皮膚トラブルです。

とにかく、犬は毛で覆われているので、濡れた状態で放置すると、蒸れて菌が増殖してしまいます。

それにより、皮膚が発疹や炎症を起こしてしまいます。

自然乾燥は、毛玉予防だけでなく、皮膚トラブルも呼び起こします。

シャンプーの後だけでなく、水遊びや雨などで濡れた場合も自然乾燥は危険です。

犬の体が濡れた後は、必ずドライヤーやブラシを使ってしっかり乾かしてください。

よろしければご覧ください、参考記事です。

クリック→愛犬のシャンプーを自宅でしよう!必要な物や注意点とは?

クリック→ 愛犬とプールで遊ぼう!自宅で水遊び編

愛犬に毛玉ができた時の対処法とは?

毛玉が小さい内に、処理することが大切

毛玉予防をして、毛玉が出来ないように注意していても、出来るときは出来てしまいます。

普段からブラッシングしているなら、毛玉が出来た場合は、すぐに気づけると思います。

発見したら、すぐに処理するようにしましょう。

放っておいて、毛玉が大きくなると、後々の処理が大変になります。

毛玉の処理の方法

必要なもの

・スリッカーブラシ(剣山みたいにピンがいっぱいついてるブラシ)

・毛玉取り用のローション(犬用のリンスを薄めた物でも可)

・ハサミ

毛玉の取り方

1.毛玉と皮膚の間を持ち、皮膚が引っ張られないようにする

2.毛玉の部分に、ローションか薄めたリンスをかける

3.毛玉をブラシでほぐす

ここで、毛玉が取れたら終了です。

3番までやって、毛玉が取れない場合は、ドッグサロンに行くのが一番です。

ただ、様々な理由で無理な場合は、ハサミを使って毛玉を取り除きましょう。

ハサミで取り除く時の注意点

・ハサミの刃を皮膚の方に向けない(刃は毛先の方に向けて使う)

犬の皮膚に、ハサミの刃が当たってケガしない為です。

全体的に頑固な毛玉がある場合

ブラシでほぐしたり、ハサミで切ることが困難な状態です。

最終手段として、バリカンで丸刈りということになります。

被毛は、温度管理や乾燥、害虫、病原体など色々な物から体を守るためにあります。

犬を丸刈りにしてしまうと、このような被毛の役割が果たせなくなります。

さらには、丸刈りにすることにより、フワフワだったものが、ゴワゴワの触感になるなど、犬の毛の質が変わってしますこともあります。

このように、丸刈りにするとデメリットも出てくるので、毛玉の処理はしっかりしてください。

最後に

毛玉くらいで、そんなに神経質ならなくてもいい、と思うのは危険です。

普段からしっかりお手入れをしていないと、愛犬を丸刈りに!なんてことがあるかもしれません。

日頃から、愛犬の毛のお手入れすれば、信頼も深まるうえ、毛玉以外の体の異変にも、いち早く気づくことができる可能性も高くなります。

毛玉予防だけでなく、他もメリットもあるので、多少面倒くさくても毎日、愛犬のブラッシングをするようにしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする