犬がメロンを食べても大丈夫?アレルギーや毒は?その対策は?

メロン・・・

私の中では、高級品というイメージがついてます(笑

だからなのか、あまり食べる機会がないメロンですが、甘くてジューシーでとってもおいしいですよね。

まあ、おいしいものを食べてるとやってくるのが、ワンちゃんです・・・

つぶらな瞳で、見つめられると何でも「しょうがないなー」とあげたくなっちゃいますね。

しかし、与える前にはしっかり犬が食べられるか確認してくださいよ!!

ということで、今回は、「犬はメロンを食べても大丈夫?」について説明します。

スポンサーリンク

犬はメロンを食べても大丈夫?

答え:食べられます。

犬に与えても問題ありません。

生でも加熱でも大丈夫です。

果肉は、赤でも青でも問題ありません。

ここからは、栄養素や与える際の注意点を説明していきます。

メロンの栄養

メロンには、ビタミン類やカリウム・ミネラル・食物繊維などが含まれています。

それぞれの効能を見ていきましょう。

ビタミン類

ビタミンCを筆頭にカロテン(ビタミンA)が含まれています。

これらは、抗酸化作用があるので、老化防止やガンの予防に期待できます。

犬の場合、ビタミンCを体内で生成することができますが、補う為に積極的にとっていくの悪くありません。

夏の水分補給

夏野菜には、体を冷やしてくれる野菜が多いのですが、メロンもその一つです。

まず、メロンの水分は80%以上が水分で出来ていますので、水分補給になります。

そして、カリウムも含まれており、カリウムには利尿作用があります。

尿をすることにより、尿と共に熱を体の外に出してくれるので、体温を下げる効果があるということになります。

また、メロンに含まれている糖質は、エネルギーになるのが早いので、疲労回復に期待できます。

犬は、夏が苦手なので、ちょっと夏バテ気味って時には、嬉しい食べ物ですね。

夏が苦手な理由はこちら→犬の夏に注意する事⁉熱中症予防について

腸内を綺麗に

メロンには、食物繊維が含まれています。

食物繊維には、整腸機能がありますので、綺麗にお掃除してくれます。

便秘予防などにも効果的だと考えます。

メロンを与える際の注意点

量を与えすぎない

メロンは、糖質が多いので与え過ぎると肥満になってしまうので注意しましょう。

それだけでなく食べ過ぎて、下痢などになる可能性もあります。

なので、20g程度で良いと思います。

あくまでも、ちょっとしたおやつとして与えるのがいいと思います。

カットする

種や皮は、消化に悪いので、カットするときに取り除いてあげましょう。

消化が悪いものを食べると、下痢や嘔吐に繋がる可能性もあります。

消化しやすいように、小さくカットしてあげてください。

潰して、ジュースにしてあげるのもいいかもしれません。

アレルギーに注意する

犬にも人間と同じようにアレルギーを持っています。

ですから、初めて食べる物は少量与えて問題がなければ量を増やしていきましょう。

症状としては・・・

・痒がる

・嘔吐

・下痢

・目が充血する

などの症状が見られたら、すぐに与えるのはやめるようにしてください。

症状がひどい場合は、獣医さん相談してください。

また、愛犬のアレルギーが気になる方は、一度アレルギー検査をしてみるのもいいかもしれません。

最後に

犬がメロンを食べることには、まったく問題ありません。

夏の水分補給には、最適で免疫力アップなどの効果にも期待できましたね。

しかし、あくまでおやつとしてあげてください。

糖質が高いので与えすぎは、厳禁です。

後は、与えるときの大きさやアレルギーには、十分注意してください。

他の食べ物についての記事もあります

よろしければご覧ください

犬の食べ物

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする