犬が「ブルーベリー」を食べて大丈夫?アレルギーや毒は?その対策は?

ブルーベリーって、甘酸っぱくておいしいですよね。

目にいいなんてこともよく聞くので、健康にもよさそうですね。

ただ、あんまり食べる機会がないような気がします。

それでも、たまに食卓にでれば、珍しさからワンちゃんにねだられるかもしれませんね。

そんな時は、しっかり犬が食べてもいい物か確認してから与えましょう。

ということで今回は、「犬がブルーベリーを食べてもいいのか」について説明します。

スポンサーリンク

犬が「ブルーベリー」を食べてもいいの?

答え:食べても大丈夫です

ブルーベリーには、犬が中毒を起こすような成分は含まれていません。

ブルーベリーというと、ぶどうの仲間だと思って、犬に食べさせてはいけないと思っている方もいると思います。

しかし・・・

ブルーベリーは、ツツジ科です。

ぶどうは、ブドウ科です。

この様に、ブルーベリーとぶどうは、全くの別物なので大丈夫です。

「ぶどうが何でダメなの?」という方は下記をご覧ください。

犬がぶどうを食べても大丈夫?アレルギーや毒は?その対策は?

はい、というこでここからは、犬にブルーベリーを与えるメリットと注意点をご覧ください。

犬に「ブルーベリー」を与えるメリット

抗酸化作用のある成分が豊富

抗酸化作用とは、活性酸素の働きを抑制してくれます。

活性酸素も体に必要な物なんですが、必要以上に働きすぎて細胞を傷つけてしまいます。

細胞が傷つくということは、老化・ガンなどの原因になることもあります。

そこで、抗酸化作用のある成分を摂取することで、老化やガンの予防効果を期待できます。

そして、ブルーベリーには、抗酸化作用のあるβカロテン・ビタミンC・E・アントシアニンなどの沢山の抗酸化物質が含まれています。

因みに、アントシアニンというと、私たち人間の間では、視力の健康にいいとされていますが、犬には今のところ効果があるかどうか分かっていません。

さらに、これらの成分の効果は、抗酸化作用だけじゃありません。

・βカロテン(ビタミンA)

βカロテンは、必要に応じてビタミンAとして吸収されます。

ビタミンAには、皮膚や粘膜を健康に保ちます。

・ビタミンC

コラーゲンの生成を促してくれます。

コラーゲンは、美しい毛並みや関節の健康を維持します。

などの効果があり、ブルーベリーを食べることで、全体的な免疫力アップに期待できるので、病気などにかかりにくい丈夫な体作りに役立ちます。

犬「ブルーベリー」を与える際の注意点

与えすぎには注意

ブルーベリーには、食物繊維が含まれています。

犬は、食物繊維が含まれている食べ物の消化が苦手です。

なので、食べ過ぎると、下痢や嘔吐などになることがあります。

また、糖質も含まれているので、肥満の原因にもなります。

なので、与えすぎないように注意してください。

おやつやご褒美で少し与える程度2・3粒程度にしておきましょう。

あとは、ブルーベリーの皮についてですが、これは取り除かなくても大丈夫です。

しかし、そのまま食べても問題ない子もいれば、うまく消化できない子もいると思います。

うまく消化できない場合は、すり潰して与えると消化しやすくなります。

合う合わないがどうしてもあるので、便が緩くなったり下痢になるなら、量を減らすかブルーベリーを与えるのをやめるようにしてください。

人間用の加工品は与えない

人間用に手が加えられたもの、例えばジャムなどです。

こういった加工品には、添加物や砂糖などが多く含まれていることが多いです。

なので、犬に与えるのはやめた方がいいです。

添加物や砂糖は、人でも摂りすぎると害を及ぼすことが多いですよね。

それは、犬達も同じです。

特に小型犬などは、サイズも小さいので少ない量でも影響がでやすくなるので、特に気を付けてください。

食物アレルギーに注意する

犬にも個体それぞれのアレルギーがあります。

初めて与える食べ物は、必ず少量与えて異常がなければ少しずつ量を増やしていきましょう。

アレルギーの症状・・・

・痒がる

・嘔吐

・下痢

・目が充血する

などが見られたら、与えるのはやめましょう。

症状がひどい場合は、動物病院へ連れて行きましょう。

アレルギーが心配な場合は、一度検査してもらうのも良いと思います。

最後に

ブルーベリーは、犬の健康にも役立つ成分が含まれいて、犬に与えても大丈夫な食べ物でしたね。

とはいえ、与えすぎは厳禁です。

あなたの愛犬に合った、適切な量を与えて是非、健康に役立ててください。

他の食べ物についての記事もあります

よろしければご覧ください

犬の食べ物

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする