犬はりんごをおやつに食べてもいいの?アレルギーや毒は?その対策は?

りんごって、甘くてジューシーでおいしいですよね。

犬もおいしい食べ物って大好きですよね

私たちがりんごをおいしそうに食べていると、おねだりされちゃったという方もいらっしゃるんじゃないですか?

そこで今回は、犬ってりんご食べても大丈夫?と思ったあなたの疑問を解決したいと思います。

スポンサーリンク

犬がりんごをたべてもいいの?

答え:食べても大丈夫です。

りんごは、犬が食べても大丈夫なうえ、犬にとっても栄養が豊富です。

りんごは、水分が多いので水分補給の助けにもなるので、優秀な果物ですね。

食事の時に与えたり、おやつやご褒美などのときに食べさせてあげると良いと思います。

りんごに含まれる栄養素や、与えるときの注意点などについて説明します。

りんごの栄養素

りんごの栄養素をいくつか紹介します。

りんごポリフェノール

抗酸化作用を持つ成分です。

いわゆる、アンチエイジングに効果的な栄養素ですね。

老化防止につながります。

ペクチン(食物繊維)

りんごには、食物繊維のペクチンが含まれています。

ペクチンは、腸内を綺麗にしてくれる働きがあります。

これにより、便通の改善効果に期待できます。

また、善玉菌を増やす働きもあるので、免疫力増加にも繋がります。

有機酸(りんご酸・クエン酸)

りんご酸やクエン酸は、疲労回復に効果的です。

ビタミンC

抗酸化作用や免疫力向上に期待できます。

犬は、ビタミンCを体内で作ることができますが、老犬や体の弱っている場合は、不足することがあるのでその補助には効果的です。

りんごは、他にも様々な栄養を含んでいます。

あくまで一部のですが、それだけでも色々とメリットが多い果物ですね。

りんごを与えるときの注意点

りんごを丸ごと与えない

りんごは、必ずカットするか、すり下ろす等してあげましょう。

そのまま、与えると喉に詰まらせる可能性もあるので気を付けましょう

それと、りんごの種はかならず取り除いてあげましょう。

犬が中毒を起こす可能性があります。

また、皮についてですが、皮にはポリフェノールが多く含まれています。

そのまま与えたいところですが、農薬やワックスがついている場合があります。

しっかり洗うか、農薬やワックスを使用せず育てられてられた物を与えましょう。

心配なら果肉の部分のみ与えるのがベストでしょう。

与える量に注意する

りんごは、与えすぎると下痢をしたり、糖質が多いので肥満になってしまう場合もあります。

1日の目安としては、中型犬で20g程度です。

小型犬ならもっと少なく、大型犬ならもう少し多くしても大丈夫だと思います。

アレルギーに注意する

犬にも個体差があります。

どんなアレルギーを持っているかも様々です。

最初から適量与えるのではなく、少量与えて問題がなければ少しずつ量を増やしていくべきです。

もし、少量でも何らかのアレルギー症状が起きた場合は、りんごを与えるのはやめましょう。

りんごを与えた際に嘔吐・下痢・元気がなくなるなど、の症状が見られたら注意しましょう。

愛犬のアレルギー検査などを行っていないなら、いい機会なので検査と合わせて動物病院に相談などされるといいかもしれません。

いかがだったでしょうか?

・アンチエイジング

・免疫力増加

・疲労回復

・腸内環境の向上

りんごは、犬にとってもメリットの多い果物でしたね。

・りんごを丸ごと与えない

・大量に与えすぎない

・アレルギーに注意する

しかし、与える際には注意も必要でしたね。

愛犬と共に、楽しく健康に過ごせるための参考にしていただければ幸いです。

他の食べ物についての記事もあります

よろしければご覧ください

犬の食べ物

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする