犬が「ヨーグルト」を食べて大丈夫?アレルギーや毒は?その対策は?

ヨーグルトといえば、私たち人間の間では、お腹の調子を整えてくれる健康食品として同じみの食べてものですよね。

それに私は、単純にヨーグルトはおいしいので好きです。

おいしくて、健康にもいいなんて嬉しいですよね。

とはいえ、人と犬では、食べられるものが違ってきます。

私たちにとっては、嬉しいヨーグルトですが、「犬にとってはどうなの?」「犬はヨーグルト食べれるの?」と疑問をもつ方もいますよね。

といことで、「犬がヨーグルトを食べてもいいのか」について説明していきます。

スポンサーリンク

犬が「ヨーグルト」を食べてもいいの?

答え:食べても大丈夫です

犬が中毒を起こすような成分は含まれていません。

ここからは、犬にとっても健康に役立つ栄養も含まれていますので、ヨーグルトの効能と与える際の注意点を合わせてごらんください。

「ヨーグルト」の効能

ヨーグルトはお腹を健康にしてくれる

私たちの人間のお腹を健康にしてくれるヨーグルト。

実は、犬に対しても同じように、お腹の調子を整える効果があります。

・どうしてお腹の調子がよくなるの?

腸内には、「善玉菌」と「悪玉菌」「日和見菌」という菌が存在します。

それぞれの菌を簡単に紹介すると、良い菌が「善玉菌」、悪い菌が「悪玉菌」、そして「悪玉菌」が増えると一緒に悪さをする「日和見菌」です。

ヨーグルトには、善玉菌の一つである「乳酸菌」が含まれています。

この「乳酸菌」を摂ることで、腸内の「善玉菌」を増やし、「悪玉菌」を減少させることにより、腸を健康に保ってくれます。

・腸を健康にするメリットは?

悪玉菌が増えて腸内環境が悪くなれば、様々な影響が出てきます。

・栄養を上手に吸収できない

・免疫力が落ちて病気にかかりやすい

・便の調子が悪くなる、下痢や便秘

・口臭が臭くなる

善玉菌を増やし腸を健康に保つと・・・

・栄養の効率的な吸収

・免疫力のアップで病気になりにくい

・便秘、下痢などの改善

・口臭の予防、改善

などの効果に期待できます。

ちょっと意外なのが、「口臭」ですよね。

「腸の健康と口臭って関係あるの?」と思いませんか?

口臭って口の中自体の臭いもそうですが、息が臭いって時は、腸の中の悪玉菌が多いせいで毒素などが溜まって、不快な臭いが発生している可能性があります。。

なので、口臭が気になる場合は、歯磨きはもちろんですが、腸内環境を整えることも大切になってきます。

他にも、「犬の臭い」について気になる方は、下記をクリックしてご覧ください。

犬の臭い原因は?予防や対策のご紹介!体臭編

ヨーグルトは消化を助けてくれる

ヨーグルトには、消化に必要な酵素がたくさん含まれています。

食べたものをスムーズに消化することは、栄養を効率的に吸収するために大切です。

ヨーグルトはカルシウムやビタミンも豊富

カルシウムやビタミンが多く含まれているので、体の様々な部分を健康的に保つのにどれも大切な成分です。

犬に「ヨーグルト」を与える際の注意点

下痢に注意?

ヨーグルトは、乳(ミルク)を発酵させて作られるものです。

なので、「家の子は、牛乳を飲むとすぐ下痢になるからヨーグルトもダメだよね?」

という疑問を持つ方も多いと思います。

実は、牛乳がダメでもヨーグルトは食べられる可能性が高いんです。

下痢になる原因は「乳糖」という成分が関係しています。

ヨーグルトは発酵する際に、この「乳糖」の一部を分解することが分かっています。

なので、牛乳がダメでもヨーグルトを食べられる犬は多いんです。

※個体差があるので、全ての犬が下痢をしないわけではありません。

 牛乳について気になる方は下記をクリックしてご覧ください。

 犬が「牛乳」を飲んでも大丈夫?アレルギーや毒は?その対策は?

ヨーグルトのタイプに注意

ヨーグルトには、砂糖やフルーツ等を加えたものなど、様々なタイプが販売されています。

そういった、タイプのものは犬には、糖分の過剰摂取などの原因になるので避けましょう。

プレーンの無糖・無脂肪タイプのヨーグルトを与えるようにしてください。

与えすぎに注意

どんなに健康に良い物でも食べ過ぎれば逆効果です。

食べ過ぎれば、下痢・嘔吐・肥満に繋がります。

犬の大きさや種類によって適量は様々なので、あくまで目安ですが、

小型犬:小さじ1~2杯

中型犬:大さじ1杯

大型犬:大さじ1~2杯

この量でも下痢をするようなら、さらに減らすかヨーグルトを与えないでください。

便の様子をみて調整してください。

食物アレルギーに注意する

犬にも個体それぞれのアレルギーがあります。

初めて与える食べ物は、必ず少量与えて異常がなければ少しずつ量を増やしていきましょう。

アレルギーの症状・・・

・痒がる

・嘔吐

・下痢

・目が充血する

などが見られたら、与えるのはやめましょう。

症状がひどい場合は、動物病院へ連れて行きましょう。

アレルギーが心配な場合は、一度検査してもらうのも良いと思います。

最後に

ヨーグルトは犬にとっても健康食品のひとつでしたね。

因みにですが、乳酸菌は酸に弱いので胃酸が弱まる「食後」に与えるのが一番効果的だとされています。

なので、食後のデザートにヨーグルトを与える習慣も悪くないかもしれません。

是非、お試しください。

他の食べ物についての記事もあります

よろしければご覧ください

犬の食べ物

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする