犬が「こんにゃく」を食べても大丈夫?アレルギーや毒は?その対策は?

こんにゃくといえば、とにかく低カロリーですよね。

人間の間でもダイエットをしている時には、味方になってくれます。

なので、「愛犬のダイエットにも一役買ってくれるんじゃないかなー」と考える飼い主さんもいらっしゃるんじゃないでしょうか?

とはいえ、人と犬とでは、食べられるものが違います。

ということで今回は、「犬がこんにゃくを食べてもいいのか」について説明します。

スポンサーリンク

犬が「こんにゃく」を食べてもいいの?

答え:食べても大丈夫です

犬が中毒を起こすような成分は含まれていません。

ということで、こんにゃくの効能と与える際の注意点をご覧ください。

「こんにゃく」の効能

ダイエットに効果的

こんにゃくといえば、やっぱりダイエットです。

超低カロリーで、殆どカロリーがありません。

そのうえ、満腹感も得やすいのでダイエットに最適です。

デトックス効果

デトックスとは、体から毒素を排出することです。

体内の毒素の多くは便から排出されます。

そこで、こんにゃくに含まれる「グルコマンナン」という食物繊維が役立ってくれます。

グルコマンナンには、腸内をキレイして毒素を便として排出してくれます。

他にも、脂質や糖の吸収を抑えたり、コレステロールを低下させる働きがあります。

肥満や高血圧の予防・改善に期待できます。

犬に「こんにゃく」を与える際の注意点

必ず小さくカットする

犬は、ガツガツとあまり噛まずに食べることが多いと思います。

なので、塊を飲み込んで喉に詰まらせると大変です。

必ず小さくカットしてから与えて下さい。

与えすぎない

こんにゃくは、非常に消化しにくい食べ物です。

食べ過ぎれば、消化不良を起こし下痢や嘔吐などの原因になります。

こんにゃくをメインで与えることはないと思いますが、ちょっとしたかさ増し程度に留めておいてください。

やはり、犬によって合う合わないがあり、少量でも便が緩くなったり嘔吐する場合があります。

お腹の弱い子や合わない子には、こんにゃくを与えないようにしてください。

愛犬の便の状態をみて、与える量を調整してください。

食物アレルギーに注意する

犬にも個体それぞれのアレルギーがあります。

初めて与える食べ物は、必ず少量与えて異常がなければ少しずつ量を増やしていきましょう。

アレルギーの症状・・・

・痒がる

・嘔吐

・下痢

・目が充血する

などが見られたら、与えるのはやめましょう。

症状がひどい場合は、動物病院へ連れて行きましょう。

アレルギーが心配な場合は、一度検査してもらうのも良いと思います。

最後に

こんにゃくは、犬が食べて大丈夫な食べ物でした。

しかし、非常に消化しにくい・喉に詰まりやすいなどデメリットもある食べ物なので、与えない方がいいという考えを持つ方も多いです。

栄養も殆どないですし、ダイエットという観点だけで見ると他の方法もあるので、わざわざ与える必要もないと私も感じます。

とはいえ、気を付ける点さえ守れば、問題ないと思いますので、後は飼い主さんの判断です。

他の食べ物についての記事もあります

よろしければご覧ください

犬の食べ物

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする