犬が「セロリ」を食べて大丈夫?アレルギーや毒は?その対策は?

セロリといえば、匂いに特徴がある食べ物ですよね。

人間でも嫌いな人が結構いますよね。

そんな匂いのキツイ、セロリ。

「犬が食べられるの?」と疑問を持つ方もいると思います。

ということで今回は、「犬がセロリを食べても大丈夫か」について説明します。

スポンサーリンク

犬が「セロリ」を食べてもいいの?

答え:食べても大丈夫です

はい、セロリは犬が食べても大丈夫です。

犬が中毒を起こすような成分は入っていません。

あの匂いも割と気にせず食べる犬も多いみたいです。

もちろん嫌がるなら無理に与えないでくださいね。

ここからは、セロリを与えるメリットや与える際の注意点をご覧ください。

犬に「セロリ」を与えるメリット

抗酸化作用でガンや老化を予防できる

セロリには、抗酸化作用のある、βカロテンやビタミンCが含まれています。

抗酸化作用とは、活性酸素の働きを抑制してくれます。

活性酸素も体に必要な物なんですが、必要以上に働きすぎて細胞を傷つけてしまいます。

細胞が傷つくということは、老化・ガンなどの原因になることもあります。

そこで、抗酸化作用のある成分を摂取することで、老化やガンの予防効果を期待できます。

皮膚や粘膜を健康に保つ

βカロテンは、必要に応じてビタミンAとして吸収されます。

ビタミンAの役割としては、皮膚や粘膜を健康に保ってくれます。

疲労回復の効果もある

セロリには、ビタミンB1が含まれています。

ビタミンB1は、エネルギーを作り出すのに必要な成分です。

摂取することで、効率的にエネルギーが作られ疲労回復につながります。

セロリの匂いが精神を安定させる

セロリの匂いも成分「アピイン」という言います。

このアピインには、精神安定作用があります。

落ち着きがない、臆病すぎるなど精神的に不安定な犬に与えてみると改善する可能性もあります。

犬に「セロリ」を与える際の注意点

犬が食べやすいように調理する

セロリのスジは、必ず取り除いてください。

固いので、消化しずらく消化不良や胃腸に詰まらせる可能性があります。

なので、必ず取り除くようにしましょう。

生でも加熱でも与えて大丈夫です。

ただ、消化のことを考えると加熱した方が消化しやすくなります。

あとは、消化のしやすさと、喉などに詰まらせるリスクを減らすために、サイズを細かくカットしてから与えてください。

・スジは必ず取り除く

・生でも加熱でも大丈夫

・細かくカットする

以上3点に気を付けましょう。

与えすぎない

体に良いものだからといって、与えすぎては害になる場合もあります。

セロリには、食物繊維が含まれています。

食物繊維は、適量であれば、便通改善の効果などを得られます。

しかし、食べ過ぎれば逆に下痢などの原因になります。

なので、与えすぎには注意してください。

適量は、犬により様々です。

あくまで目安ですが、野菜全体で、1日の食事量の1・2割を超えない程度に与えてください。

例えばですが、5㎏の犬なら一日の食事量は、125g程度だと思います。

そのうちの野菜の量は、小松菜を含めて10~20g程度ということになります。

あくまで目安なので、便の状態をみて、緩くなっている等の異常が見られれば量を減らすか、与えるのを控えるようにしてください。

食物アレルギーに注意する

犬にも個体それぞれのアレルギーがあります。

初めて与える食べ物は、必ず少量与えて異常がなければ少しずつ量を増やしていきましょう。

アレルギーの症状・・・

・痒がる

・嘔吐

・下痢

・目が充血する

などが見られたら、与えるのはやめましょう。

症状がひどい場合は、動物病院へ連れて行きましょう。

アレルギーが心配な場合は、一度検査してもらうのも良いと思います。

最後に

セロリは、犬が食べても大丈夫な野菜でしたね。

ちょっと意外だったのは、あの匂いが精神を安定させてくれることですよね。

最近ちょっと精神的に不安定だなーと感じたら、普段の食事に少し加えてみるとリラックス効果で落ち着いてくれるかもしれません。

是非、お試しください。

他の食べ物についての記事もあります

よろしければご覧ください

犬の食べ物

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする