犬の年齢を人間に換算すると何歳になるの?早見表付き

「散歩に行こう」「一緒に遊ぼう」と言えば元気に走り回っていた愛犬が、数年もすれば散歩にも行きたがらないし、お気に入りのおもちゃでも遊ばなくった、なんて経験がもしかしたらあなたにもあるかもしれません。

数年前までは、あんなに元気だったのにどうしたんだろう?と思っちゃいますよね。

普段、愛犬と共に過ごしていると、どうしても同じ時間を生きているように感じます。

しかし、犬と人間とでは、過行く時間の感覚がまったく異なっています。

私たち人間にとっての1年が、犬にとっては数年単位で歳をとる計算になります。

それに気づかず、いつまでも若いころと同じ接し方をしていると、愛犬もストレスを感じるかもしれません。

ですから、犬にとっての年齢に合わせたケアが必要になります。

そこで、今回は「犬の年齢を人間の年齢に換算すると何歳なのか」を説明いたします。

スポンサーリンク

犬の人間年齢へ換算する計算方法

小型犬・中型犬は、最初の数年が大型犬より早く成長します。

その後は、大型犬の方が早く成長していきます。

小型犬・中型犬と大型犬では、成長のスピードが変わってきますので、2つに分けて説明します。

※あくまで、一般的な目安の計算で、過ごす環境や個体差で老化スピードは様々です。

小型犬・中型犬

1年で約17歳になります。

2年で約24歳になります。

それ以降は1年に、4歳ずつ歳をとっていく計算になります。

24 + ( 犬の年齢 ー 2年 ) × 4 = 人間年齢

大型犬

1年で約12歳になります。

それ以降は、1年に7歳ずつ歳をとっていく計算になります。

12 + ( 犬の年齢 ー 1年 ) × 7 = 人間年齢

犬の人間年齢 換算 早見表

小型犬・中型犬 大型犬
1年 17歳 12歳
2年 24歳 19歳
3年 28歳 26歳
4年 32歳 33歳
5年 36歳 40歳
6年 40歳 47歳
7年 44歳 54歳
8年 48歳 61歳
9年 52歳 68歳
10年 56歳 75歳
11年 60歳 82歳
12年 64歳 89歳
13年 68歳 96歳
14年 72歳 103歳
15年 76歳 110歳
16年 80歳 117歳
17年 84歳 124歳
18年 88歳 131歳
19年 92歳 138歳
20年 96歳 145歳

犬の過ぎる時間は早い

犬は大きさにより、歳をとるスピードが違いますが、どちらも人と比べると数倍のスピードで年を取っていきます。

1・2歳でもう人間でいえば成人になります。

成長早すぎますね(笑

ですから、7・8年も経過すればもう初老ですね。

そうすると、体に変化が出てくるのも納得できますね。

冒頭の話のように、散歩や遊びをする元気がなくなってきているんですね。

犬の年齢に合わせたケアをして、少しでも長く愛犬と健康で楽しく過ごせるようにしましょう。

P.S.

自分の家でも犬を飼ってます。

今2歳くらいなんですが、もうワンパクで走り回ってるんですよね。

それで、冒頭の部分をかきながら、元気がなくなるってとこを想像してたら、涙が出て来ちゃいました。

最近泣くこともなかったんですが、まさか記事を書きながら泣くことになるとは、思いませんでした(笑

やっぱり愛犬には、いつまでも元気でいてほしいなと改めて思いました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする