犬が吐いた⁉血が混じった嘔吐物が出る原因

愛犬が吐いたりすると、何事だとオドオドするし、愛犬が大丈夫なのかとても心配になりますよね。
しかも、嘔吐物に血が混じっているなんて場合は、さらに怖くなります
そこで、嘔吐物のちはいったい何が原因なのか?どう対処すればいいのか?
愛犬がもしもの時に冷静に対処できるように事前に把握しておきましょう。

スポンサーリンク

犬が吐く原因

犬が吐く原因は、様々な理由があります。

しかし、犬が吐いた物をみることで、おおよその原因が把握できることもあります。

今回は血が混じっているものを紹介します。

犬の嘔吐物に血が混じっている

血が混じっている場合は、どこかに異常があるのは間違いないです。

動物病院に相談することをお勧めします。

特に色が黒く変色した血は、時間がたって変色しているから黒くなっているので、黒い吐血・血便が見られた場合すぐに相談すべきです。

いくつか、考えられる病気を紹介します。

・急性胃炎

胃が炎症を起こす病気です。

胃が炎症を起こすと、刺激されて何度も嘔吐を繰り返します。

その他にも下痢や血便などの症状も現れます。

原因としては、腐った物や毒物を食べてしまった場合などです。

散歩中にゴミ等を食べてしまったケースなどが考えられます。

他にも、食べ過ぎ・感染症・寄生虫の可能性も考えられます。

急性胃炎の対処法としては、愛犬が吐く前に口にした物や、口にした可能性があるものを確認して動物病院に相談しましょう。

愛犬の嘔吐物の動画や写真を撮っておくと、獣医さんへの相談に役立ちます。

飼い主ができる予防は、犬がゴミ等を食べないように注意することや、食事を与えすぎず適量与えることなどが考えられます。

症状

・嘔吐(何度も繰り返す)

・血便

・下痢

・脱水症状

原因

・誤飲や誤食

・感染症

・寄生虫

・食べ過ぎ

対処

・愛犬が口にした物の確認

・嘔吐物を動画・写真で撮る

・動物病院への相談

予防

・ゴミ等異物を口にしないようにする

・食事をあたえすぎない

・胃潰瘍

胃の粘膜が傷つく病気です。

嘔吐や黒い血便に腹痛などの症状が現れます。

茶色の吐血をする場合もあります。

原因としては、基礎疾患や寄生虫・身体的ストレス等が原因です。

基礎疾患とは、病気の原因となる病気です。

つまり他の病気から派生して胃潰瘍になるということです。

吐血するなどの症状が見られたら、すぐに動物病院に相談しましょう。

予防方法としては、基礎疾患からの派生のケースが多いので、元の病気を治療することが先決です。

基礎疾患は、肥満細胞腫や腎不全などです。

症状

・嘔吐

・吐血(茶色)

・黒い血便

・腹痛

原因

・基礎疾患

・寄生虫

・身体的ストレス

対処

・嘔吐物を動画・写真で撮る

・症状がみられたらすぐに、動物病院へ相談

予防

・基礎疾患の治療

この他にも考えられる病気は数多くあります。

繰り返しになりますが、血が出ているということは、何らかの異常がみられるのは確かなので、動物病院へ相談するようにしましょう。

犬が吐く原因について他にも説明したので良ければどうぞ

記事はこちら→犬が吐いた⁉黄・白い泡が混じった物を嘔吐する原因

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする