犬が「かぼちゃ」を食べても大丈夫?アレルギーや毒は?その対策は?

かぼちゃって甘くておいしいですよね。

野菜だし、甘い物が好きなワンちゃんには、ちょうどいいおやつになりそうですよね?

でも、ワンちゃんに食べ物をあげるときは、しっかりと犬が食べられるものか確認してからにしましょう。

ということで、今回は「犬はかぼちゃを食べていいのか」について説明します。

スポンサーリンク

犬は「かぼちゃ」を食べてもいいの?

答え:食べて大丈夫です。

犬もかぼちゃを食べられます。

栄養も豊富で、愛犬の健康にも役立つ食べもです。

ここからは、かぼちゃの栄養や与える際の注意について説明していきます。

「かぼちゃ」の栄養

ビタミン類

ベータカロテン(ビタミンA)

体内で吸収されるときには、ビタミンAとして活躍してくれます。

この成分は、抗酸化作用があるので、老化防止に役立ちます。

他にも皮膚や粘膜を健康に保ち、ガン予防にも期待できます。

犬の免疫力アップには欠かせないビタミンです。

ビタミンB群

ビタミンBには、エネルギーの代謝に欠かせない物です。

皮膚や毛並みを美しく保つ効果もあるので、犬の美容と健康に役立つビタミンになります。

ビタミンC

ビタミンCも老化防止に役立ちます。

実は、ビタミンCは犬が体内で生成できる成分なんです。

しかし、病気・老化・ストレスなどの影響で不足する場合もあるので、食事で補うことも大切です。

食物繊維

食物繊維は、腸内環境を整えてくれます。

便秘の予防や改善に期待できます。

「かぼちゃ」を与える際に注意すること

食べやすいようにする

かぼちゃを生のまま与えたり、丸ごと与えないようにしてください。

生で与えると、固くて消化にも悪く、喉や胃腸に詰まらせたりするかもしれません。

指で簡単に潰せるくらいに、茹でるか・蒸します。

かぼちゃの種はしっかり取り除きます。

消化に悪いので、負担になります。

それから、大きさですが、小さくカットするか、すり潰して食べやすいようにしてあげてください。

皮も与えて問題ありませんが、しっかり柔らかくなっているか確認してからあげましょう。

食べ過ぎに注意

かぼちゃは、ちょっとカロリー高めなので食べ過ぎると肥満になります。

それから、食物繊維は適度な量だと便秘改善につながりますが、多すぎると逆に下痢や便秘になることもあります。

なので、愛犬の大きさに合わせて、適切な量を食べさせてください。

・一日の食事量の総カロリーを超えない量にする

・便の状態を確認して消化不良や下痢になっていないか確認する

などで、愛犬にとってベストな量を把握しましょう

食物アレルギーに注意する

犬にも個体それぞれのアレルギーがあります。

初めて与える食べ物は、必ず少量与えて異常がなければ少しずつ量を増やしていきましょう。

アレルギーの症状・・・

・痒がる

・嘔吐

・下痢

・目が充血する

などが見られたら、与えるのはやめましょう。

症状がひどい場合は、動物病院へ連れて行きましょう。

アレルギーが心配な場合は、一度検査してもらうのも良いと思います。

最後に

かぼちゃは、栄養満点で甘味があって愛犬も喜んで食べてくれるでしょう。

しかし、カロリーが高めで肥満の原因にもなりやすので、毎日与えるよりは、時々おやつや食事のトッピング位がちょうどいいと思います。

後は、アレルギーに気を付ければ、愛犬にも嬉しい食べ物なのは間違いありません。

他の食べ物についての記事もあります

よろしければご覧ください

犬の食べ物

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする