犬が「アスパラガス」を食べて大丈夫?アレルギーや毒は?その対策は?

アスパラガスといえば、茹でてマヨネーズを付けて食べるとおいしいですよね。

もちろんそれ以外の調理方法でも、おいしく食べられて、人気のある野菜の一つで、食卓で目にする機会もあるんじゃないでしょうか?

そして、食べ物となれば興味津々で近づいてくるのが、ワンちゃんですよね。

あのかわいい目で、頂戴とおねだりされると、ついついあげたくなっちゃいますよね(笑

とはいえ、犬には与えちゃダメな物もあるので、しっかり確認してから与えましょう。

ということで今回は、「犬がアスパラガスを食べてもいいのか」について説明していきます。

スポンサーリンク

犬が「アスパラガス」を食べてもいいの?

答え:食べても大丈夫です

実は、アスパラガスには、アルカロイドとう毒性のある成分が含まれています。

しかし、アスパラガスに含まれている量は、少量なので、よぼど大量に摂取しなければ、中毒になることはありません。

なので、適度な量であれば食べても大丈夫です。

アスパラガスには、犬に嬉しい栄養も含まれています。

なのでここからは、犬にアスパラガスを与えるメリットと注意点をご覧ください。

犬に「アスパラガス」を与えるメリット

疲労回復に効く

アスパラガスには、アスパラギン酸やビタミンB群という成分が含まれています。

これらの栄養は、エネルギーの代謝を活発にしてくれます。

運動をした後など、エネルギーが足りないって時には、疲労回復の効果を発揮してくれます。

因みに、アスパラギン酸には、毒性のあるアンモニアを体外に排出する働きもあるので、デトックス効果にも期待できます。

抗酸化作用で老化やガンの予防効果

アスパラガスには、βカロテン、ビタミンC・E、ルチンなど抗酸化作用のある成分が多く含まれています。

抗酸化作用とは、活性酸素の働きを抑制してくれます。

活性酸素も体に必要な物なんですが、必要以上に働きすぎて細胞を傷つけてしまいます。

細胞が傷つくということは、老化・ガンなどの原因になることもあります。

そこで、抗酸化作用のある成分を摂取することで、老化やガンの予防効果を期待できます。

血圧を健康に保つ

アスパラガスに含まれるルチンには、抗酸化作用だけでなく、毛細血管を丈夫にする働きや、血流をよくする効果もあります。

なので、血圧を正常に保ち健康を維持してくれます。

犬に「アスパラガス」を与える際の注意点

犬が食べやすくしてあげる

アスパラガスには、食物繊維が含まれています。

犬は、食物繊維が含まれる食べ物の消化が、得意ではありません。

・加熱する

・細かくカットするか、すり潰す

などの工夫をして、犬が少しでも消化しやすいようにしてください。

与えすぎない

アスパラガスは、食物繊維が豊富なので、食べ過ぎれば下痢などになる可能性があります。

他にもアルカロイドの関係もあるので、与えすぎには注意してください。

一日の食事量の野菜全体で、20%を超えない程度にしてください。

食事量が100g程度なら野菜全体で20g位です。

ただ、犬にもそれぞれ個体差があります。

もっと少ない量でも、便が緩くなることもあります。

その場合は、その子には量が多すぎる可能性があります。

量をもっと減らすか、与えるのはあきらめてください。

愛犬の便の様子を見て判断してください。

食物アレルギーに注意する

犬にも個体それぞれのアレルギーがあります。

初めて与える食べ物は、必ず少量与えて異常がなければ少しずつ量を増やしていきましょう。

アレルギーの症状・・・

・痒がる

・嘔吐

・下痢

・目が充血する

などが見られたら、与えるのはやめましょう。

症状がひどい場合は、動物病院へ連れて行きましょう。

アレルギーが心配な場合は、一度検査してもらうのも良いと思います。

最後に

アスパラガスは、犬が食べても大丈夫な野菜でしたね。

もちろん、アレルギーなど、体質が原因で食べられない場合もあるので、与え始めの内は愛犬の様子をしっかり見るようにしてください。

後は、食べ過ぎなどに注意すれば、犬を健康にしてくれる食べ物なので、時々トッピングとして、愛犬に与えてみてはいかがでしょうか?

他の食べ物についての記事もあります

よろしければご覧ください

犬の食べ物

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする